ノワーレは色素沈着を改善することもできる?
そんな噂がネット上で見受けられます。

しかし、ノワーレは色素沈着を直すことはできません。
というか、色素沈着改善用のケアクリームではないのです。

ノワーレは妊娠線予防のケアクリームです。
妊娠線は、赤ちゃんの成長によって急激にお腹が大きくなることで、真皮の断裂が起こり線状の斑点ができてしまうものです。

ノワーレは肌の保湿力を高めて真皮の断裂を修復することに特化した商品です。
そのため、肌の色素沈着を直す効果はあまり期待できないと思います。

そもそも色素沈着ってどんな状態で、どんなケアが有効なのか知ってますか?

そもそも色素沈着ってなんで起こるの?

色素沈着
色素沈着とは、メラニン色素が表皮に付着した状態のことです。
終わりです。
ってこれだけじゃワケ分かんないですよね。

色素沈着っていうのは、肌が刺激を受けることで、表皮にあるメラノサイト(色素細胞)が、メラニン色素を過剰に分泌してしまうのです。
メラノサイトから出たメラニン色素が表皮や真皮に付着すると、茶色や赤色に肌の色が変わのが色素沈着です。

ただこれって、肌の正常な防衛機能なんです。
肌は刺激を感じると、メラニン色素を生成することで肌を守ろうとしています。
そのため、色素沈着は悪いことではないのです。

ただ、肌が変色してしまうのは嫌ですよね。

色素沈着で多いのは、「炎症後色素沈着」です。
炎症後色素沈着とは、日焼けや、虫刺され、ニキビ、やけどなどで茶色く色素沈着してしまうことです。

日焼けや虫刺されなど、軽い刺激でも肌は自分を守ろうとメラニン色素を生成します。
通常は肌のターンオーバーによってメラニン色素は皮膚の外に追い出されて消えていきます。

しかし、紫外線をずっと浴び続けたり、不規則な生活や体調不良によって肌のターンオーバーが正常に行われないと、色素沈着がずっと残ったままになってしまうのです。
ターンオーバーが正常に行われない原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、運動不足、栄養価の偏った食事によっても引き起こされます。

色素沈着を防ぐには規則正しい生活をするのが基本なんです。

色素沈着を予防するには

色素沈着を予防するには様々な取り組みがあります。

まず、紫外線対策。
色素沈着で一番多いのは日焼けです。

紫外線を浴びると色素沈着しやすいため、日傘などで日焼け防止をするのが良いでしょう。

でも不通に生活してたら日焼けはしちゃいます。
そして、虫刺されも防ぎようがありません。

日焼けや虫刺されで炎症が起こったら、炎症をすばやく収めることが先決です。
日焼けは冷やす、虫刺されはムヒなどの薬を塗る、などの対策をすることで色素沈着を防ぐことが可能です。

あと、お風呂に入った時にナイロンタオルや硬めのボディブラシで体を洗ってませんか?
実は、ナイロンタオルや硬めのボディブラシで体を擦るのも色素沈着の原因になります。

なるべく柔らかいものを使って体を洗うようにしましょう。

また、肌のターンオーバーを正常化させるには、肌を洗浄して清潔に保つこと、保湿ケアをすることが有効です。
先程も言ったように、肌のターンオーバーは体の健康とリンクしています。

そのため、規則正しい生活をして、ストレスを溜めないような工夫が必要でしょう。

ノワーレで色素沈着対策が可能?

ノワーレは保湿力を高めることで妊娠線を予防・改善してくれるクリームです。

ノワーレの含有成分は、肌にうるおいをもたらすパワーヒアルロン酸、保湿効果の高いシアバター、ヒアルロンオリゴヒアロベールなどが配合されています。
これらの成分によって、妊娠線でできた真皮の断裂を治すことが可能です。

さらに、アルコール、鉱物油、合成香料、パラベン、動物性原料、合成着色料、サルフェート、紫外線吸収剤、合成界面活性剤、PGといった肌に悪い石油系成分も使われていません。
無添加の成分だけで、匂いも弱いので、赤ちゃんにも使える安全なケアクリームです。

ただ、色素沈着はメラニンの排出を促進するような成分が必要です。
色素沈着を治すには、低刺激で美白効果の高いトラネキサム酸などが配合されているケアクリームを使うと有効です。

確かに、ノワーレは妊娠線対策には有効ですが、色素沈着対策には向かないと思います。

>>>ノワーレの公式サイトはこちら!