使う期間
ノワーレは1本でどれくらいもつのでしょうか?

1ヶ月?2ヶ月?3ヶ月?どれくらいもつの?

実際は、平均的に使ったとして1本1ヶ月くらいです。

ノワーレは1本120gの容量があります。
また、メーカー推奨の使い方は、1日に2回、適量を妊娠線の気になるところへ塗布します。

適量というのは人それぞれですが、だいたい500円玉くらいの量を1回で使用します。
30日×2回=60回使うので、1回あたり2gがベストです。

1回で2g使えば、1本で1ヶ月分を使えますし、妊娠線ケアには最適な量を塗布できていることになります。

では、ノワーレは1本でどれくらいもつのか、もっと具体的に解説していこうと思います。

ノワーレを実際に使ってみてどれくらいもつのか検証してみた

利用期間
実際に私もノワーレを使って妊娠線予防できた1人です。

私の場合、ノワーレを使ったのは最初の妊娠の時、27歳の時でした。
使い始めたのは、妊娠5ヶ月目ころからです。

それから出産後2ヶ月くらいまで使ったので7ヶ月くらいは使い続けました。
その間、合計7本は使いました。

基本的には1日に2回、朝と夜にたっぷりめに使ってました。
妊娠線はお腹だけじゃなく、太ももやお尻にもできるって聞いたことがあったんですが、とりあえずお腹だけに使ってました。

だいたい、500円玉くらいの大きさの量を1回に使います。
なるべく手のひらで温めから使うと、毛穴が広がって浸透率が良くなります。

また、ノワーレを塗る場所も重要で、お腹の真ん中あたりではなく、お腹の下の方を中心に塗ったほうが良いです。
なぜなら、妊娠線はおへそから下腹部にかけてできることが多いからです。

塗る場所を絞って、その場所を中心にたっぷり塗れば妊娠線は防げますし、ノワーレを1本1ヶ月間使い続けることもできます。

ノワーレは1本どれくらいもつのか?
私の場合、1本で1ヶ月分もちました。

他の人はどれくらいもつ?

他の人の口コミで、ノワーレはどれくらいもつのかを調べました。

・29歳 TITITさん 東京都
妊娠線予防のためにノワーレを使いました。
妊娠初期から使い続けたんですが、1ヶ月で1本くらいずつ消費していきました。
結局出産後まで使って10本くらい使っちゃいました。
そのおかげで妊娠線はできずにすみました。

・匿名さん 30代
ノワーレを使いましたが容量が少なかったです。
1本で1ヶ月ももたなかったです。
もうちょっと量を多くしてほしいですね。

・33歳 ココママさん 福岡県
妊娠線ができてしまったのでノワーレを使って妊娠線がほとんど目立たなくなりました。
1本1ヶ月ももたなかったですね。
お腹だけじゃなく、顔とか、太ももとかにも使ってたので。
3ヶ月使い続けましたが、5~6本は使ったと思います。
でも妊娠線が消えたのでケチらず使ってよかったです。

以上のように、1本で1ヶ月くらいが平均なようです。

効果的な使い方にも注目

使い方の詳細
1ヶ月1本くらいで使うのが理想ですが、使う量だけでなく、使い方にもコツがあります。
ノワーレの効果的な使い方は以下のとおりです。

1、ノワーレを500円玉くらいの大きさで取り出します。

2、手のひらでノワーレを温めます。
温めてから塗ると、毛穴が広がりノワーレの浸透率がアップします。

3、妊娠線や保湿したいところにゆっくり回すように塗ります。
ゴシゴシ塗り込むのはNGです。
摩擦によって妊娠線が余計に目立つことになります。

4、中心から外側にかけて円を描くように優しくゆっくり塗り込んでいきます。
あくまでもゆっくり優しく塗り込むようにしましょう。

以上の4つのステップでノワーレの効果を引き出せます。

また、塗るタイミングも重要で、夜はお風呂上がりに塗るのが効果的です。
お風呂で温まると毛穴も開いてますし、血行を良くなっています。

妊娠線を治すには肌の正常なターンオーバーも重要です。
肌のターンオーバーとは、古い角質や皮膚が取り除かれ、新しい角質や皮膚が生成されることです。
ターンオーバーが正常になれば妊娠線の修復も早まります。

肌のターンオーバーは血行が良くないと正常に働きません。
そのため、お風呂上がりの血行が良くなっている時にノワーレを塗ることで、効果を上げることもできます。

ノワーレは1本でどれくらいもつのか?
平均的な使い方では1本1ヶ月です。

>>>ノワーレの公式サイトはこちら!