アロベビー
妊娠線予防&改善クリームの「ノワーレ」と「アロベビー ボディマーククリーム」では、どちらの方が優れていて、どちらを使ったら良いのか、甲乙つけてみたいと思います。

比較する項目は価格、評判、量、効果の違い、使いやすさ、成分などで比較してみたいと思います。

ノワーレもアロベビー ボディマーククリームも同じように、妊娠線を予防したり、できてしまった妊娠線を治すのに効果のあるケアクリームです。

どちらを使ったら良いのか、どっちのほうが効果があるのか、アナタにはどっちが向いているのか、などなど、ノワーレとアロベビー ボディマーククリームを比較してみたいと思います。

価格、評判、量、効果の違い、使いやすさの総合評価

まずは、ノワーレとアロベビー ボディマーククリームの違いについて、価格、評判、量、効果の違い、使いやすさの5つの項目で比較してみたいと思います。

ノワーレ アロベビー ボディマーククリーム
価格 “【定価】
6,980円
【定期コース】
初回:1,980円(71%OFF)
2回目以降:4,980円(28%OFF)” “【定価】
3,300円
【定期コース】
初回:980円(70%OFF)
2回目以降:2,970円(10%OFF)
13回目以降:2,805円(15%OFF)”
評判 4.2点/5点満点中 3.7点/5点満点中
量 1本 120g 1本 200ml
効果の違い “・妊娠線予防に効果的
・出来てしまった妊娠線・肉割れにも効く
・皮膚科医も診断済みの実験結果が出ている
・雑誌で多数紹介あり” “・妊娠線予防に効果的
・出来てしまった妊娠線・肉割れにも効く
・アカチャンホンポ、ベビーザらスなど400店舗で取扱中”
使いやすさ “・匂いがなく伸びもよく肌に馴染みやすい
・無添加で安全(赤ちゃんの保湿クリームとしても使える)
・妊娠線だけでなく顔や体全体の保湿クリームとしても有効” “・99%天然由来・国産オーガニックだから肌に安心
・新生児の保湿家にも使える
・超微香のネロリのアロマでリラックス効果あり”

このように、大きな違いはありませんが、評価の口コミの部分ではのわーレの方が若干効果があると言われています。

では次に、ノワーレとアロベビー ボディマーククリームを詳しく紹介していきます。

アロベビー ボディマーククリームの特徴は

アロベビー ボディマーククリームには様々な成分が配合されています。

ラベンダー水、ツボクサエキス、ヒドロキシステアリルグルコシド、トリグリセリル(カプリル/カプリン酸)、キサンタンガム、グリセリン、バオバブ種子油、無水キシリトール、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、オリーブ果実油、デヒドロ酢酸、ローズマリー葉エキス、オレンジ油、ベヘニルアルコール、ビターオレンジ花油、ステアロイル乳酸Na、エタノール、ラベンダー油、オレンジ果実水、イタドリ根エキス、ラベンダー花エキス、キシリチルグルコシド、トコフェロール、シア脂、水、タチジャコウソウ花/葉エキス、ヒマワリ種子油、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、カニナバラ果実エキス、スイゼンジノリ多糖体、ベンジルアルコール、ステアリン酸グリセル、ローズマリー油、セテアリルアルコール、ホホバ種子油、BG、ヒドロキシステアリルアルコール、キシリトール

これらの成分によって、できてしまった妊娠線を消す効果もあるのです。

また、アカチャンホンポやベビーザらス、イオンなどの全国400店舗のお店で取り扱われているので、行ったお店ですぐに購入可能です。
無くなったとしても、すぐに買いに行けるのはありがたいですね。

ノワーレの特徴は?

ノワーレはインターネット限定の商品です。
含まれる成分は以下のとおりです。

レジストリル、パワーヒアルロン酸、シアバター、ヒアルロンオリゴヒアロベールなど

ただ、紫外線吸収剤、合成香料、動物性原料、PG、合成着色料、サルフェート、パラベン、アルコール、合成界面活性剤、鉱物油といった肌に害のある成分が使われていないため、赤ちゃんにも安心して使えます。

比較結果まとめ

ノワーレとアロベビー ボディマーククリーム、それぞれ無添加で肌に優しいボディケアクリームです。

口コミの評判は若干ノワーレの方が優れています。
口コミで選ぶならノワーレですね。

ただ、ノワーレはインターネット限定の商品で、アロベビー ボディマーククリームはマタニティ用品が揃うお店ならどこでも買えるメリットがあります。
店頭で買いたい人にはアロベビー ボディマーククリームがオススメですね。

私個人的な意見としては、妊娠線をバッチリ予防してくれたノワーレをオススメします。
理由は簡単で、私自身がノワーレで妊娠線予防できたからです。