クリーム比較
妊娠線予防クリームとして人気の2商品、「ノワーレ」と「ベルタマザークリーム」を比較していきます。

比較するのは価格、評判、量、効果の違い、使いやすさ、成分などの項目で比較しています。

「ノワーレ」と「ベルタマザークリーム」は公式サイトで購入すると、いろいろな割引、特典が付いています。

特に、ベルタマザークリームは定期便の場合、初回が500円で購入できてかなりお得です。

しかし、定期便は6回継続購入が必須なので、払うお金自体は結構高額になります。

ノワーレは初回割引がありつつ、継続購入が必須になっていません。

これらの違いもありつつ、ノワーレとベルタマザークリームの2つを比較していこうと思います。

価格、評判、量、効果の違い、使いやすさの総合評価

ノワーレとベルタマザークリームの基本情報を比較していこうと思います。

ノワーレ ベルタマザークリーム
価格 “【定価】
6,980円
【定期コース】
初回:1,980円(71%OFF)
2回目以降:4,980円(28%OFF)” “【定価】
6,980円
【定期コース(6回継続が必須)】
初回:500円(92%OFF)
2回目以降:4,980円(28%OFF)”
評判 4.2点/5点満点中 3.6点/5点満点中
量 1本 120g 1本 120g
効果の違い “・妊娠線予防に効果的
・出来てしまった妊娠線・肉割れにも効く
・皮膚科医も診断済みの実験結果が出ている
・雑誌で多数紹介あり” “・妊娠線予防に効果的
・出来てしまった妊娠線・肉割れにも効く
・モンドセレクション金賞を3年連続で受賞”
使いやすさ “・匂いがなく伸びもよく肌に馴染みやすい
・無添加で安全(赤ちゃんの保湿クリームとしても使える)
・妊娠線だけでなく顔や体全体の保湿クリームとしても有効” “・肌の奥まで水分を届ける
・女性ホルモンのバランスを整え肌を引き締める
・無添加成分で赤ちゃんにも使用可能”

このように、ノワーレは使用者の口コミの評価が高く、ベルタマザークリームはモンドセレクションで3年連続金賞を受賞している商品です。

ともに、評価も高い2つの商品ですが、もっと詳しく説明してみましょう。

ベルタマザークリームの特徴は?

ベルタマザークリームは無添加で赤ちゃんも使用できます。

そのため、成分には厳しくこだわっています。

ステアリン酸ソルビタン、グリコシルトレハロース、フェノキシエタノール、ミリスチルアルコール、アルギニン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、アスパラギン酸、ペンチレングリコール、アラントイン、セイヨウノコギリソウエキス、グリセリン、グリシン、トコフェロール、カニナバラ果実エキス、グレープフルーツ果皮油、プラセンタエキス、アセチルヒアルロン酸Na、タチジャコウソウ花/葉エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、セイヨウサンザシ果実エキス、アスコルビルグルコシド、ユビキノン、エチドロン酸、水、加水分解コラーゲン、葉酸、加水分解水添デンプン、BG、グルコシルヘスペリジン、グリチルリチン酸2K、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、ローズマリー葉エキス、クエン酸、水酸化K、コメヌカ油、セラミド2、ヒアルロン酸Na、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、

これらの成分がバランスよく配合されているため、安全に使うことができますし、妊娠線予防にも効果を発揮してくれます。

ノワーレの特徴は?

ノワーレも成分に特徴があります。

レジストリル、パワーヒアルロン酸、シアバター、ヒアルロンオリゴヒアロベールなど

これらの成分は、非常に保湿力が高い成分です。

さらに、紫外線吸収剤、合成香料、動物性原料、PG、合成着色料、サルフェート、パラベン、アルコール、合成界面活性剤、鉱物油などの石油系成分は含まれていないため、肌に優しく仕上がっています。

比較結果まとめ

ノワーレとベルタマザークリームを比較してみると、ノワーレの方が効果があり、コスパも良いと思いました。

その理由は、口コミがよく、私自身もノワーレの効果を実感したからです。

また、ベルタマザークリームは定期便の継続購入が必須になっています。
一方のノワーレは定期便でも2回目から解約もできます。

これらを考えるとコスパの良いノワーレの方がオススメです。