類似品比較
「ノワーレ」と「ニベア」の効果やコスパについて比較していきます。

「ニベア」って普通に保湿ケアクリームとして使ってたけど、妊娠線予防にも使えるの?
どこでも買える「ニベア」で妊娠線予防できるなら良いな・・・
「ニベア」と妊娠線専用のケアクリーム「ノワーレ」で効果の違いは?

など、「ノワーレ」と「ニベア」について、効果やコスパの比較をしたい人はたくさんいます。

そこで、「ノワーレ」と「ニベア」を価格、評判、量、効果の違い、使いやすさ、成分などで比較してみて、どちらの方が優れているか?

どちらがアナタにピッタリの商品かを比較していこうと思います。

価格、評判、量、効果の違い、使いやすさの総合評価

まずは、「ノワーレ」と「ニベア」の基本情報について比較してみたいと思います。

ノワーレ ニベア
価格 “【定価】
6,980円
【定期コース】
初回:1,980円(71%OFF)
2回目以降:4,980円(28%OFF)” “【定価】
ニベアクリーム 缶:273円~
ニベア スキンミルク さっぱり:456円?
ニベア プレミアム ボディミルク:573円~”
評判 4.2点/5点満点中 3.2点/5点満点中
量 1本 120g “ニベアクリーム 缶:56g
ニベア スキンミルク さっぱり:200g
ニベア プレミアム ボディミルク:200g”
効果の違い “・妊娠線予防に効果的
・出来てしまった妊娠線・肉割れにも効く
・皮膚科医も診断済みの実験結果が出ている
・雑誌で多数紹介あり” “・実は妊娠線予防にも効果あり
・コストパフォーマンスは抜群
・妊娠線専用クリームよりは効果は劣る”
使いやすさ “・匂いがなく伸びもよく肌に馴染みやすい
・無添加で安全(赤ちゃんの保湿クリームとしても使える)
・妊娠線だけでなく顔や体全体の保湿クリームとしても有効” “・どこでも購入可能
・体のどこにでも使える
・スキンミルク、ボディミルクはサラッとした使用感がグッド”

ニベアは1911年ドイツのメーカーが発売した100年以上の歴史を持つ化粧品です。
日本では1968年に花王から出たのが初めてです。

それ以来、家族のボディケアクリームとして愛用されています。
日本人だったら、1回は使ったことがあるんじゃないでしょうか?

そんなニベアは妊娠線予防にも効果があります。

ただ、妊娠線予防の専用クリームではないので、口コミを見ると、そこまで大きな効果は期待できません。
また、できてしまった妊娠線の治療には、ほとんど役に立たないみたいです。

その点、ノワーレはできてしまった妊娠線にも効果を発揮しています。

ニベアの特徴は?

ニベアは大きな変化なく100年もの間、人々の肌を守ってきました。
その基本は、含有成分です。

安息香酸NA、スクラワン、香料、ラアノリンアルコール、ミネラルオイル、ホホバ油、シクロメチコン、オクチルド、水添ポリイソプテン、マイクロクスタリンワックス、ステアリン酸Mg、グリセリン、デカノ―ル、ワセリン、硫酸Mg、オレイン酸デシル、パラフィン、ジステリアン酸AI、クエン酸、水、

これらの成分がニベアには含まれています。

もし、これらの成分でアレルギーがある方はやめておいたほうが良いです。

ノワーレの特徴は?

ノワーレは妊娠線を予防&治療してくれるケアクリームです。
含まれる成分はコチラです。

レジストリル、パワーヒアルロン酸、シアバター、ヒアルロンオリゴヒアロベールなど

また、紫外線吸収剤、合成香料、動物性原料、PG、合成着色料、サルフェート、パラベン、アルコール、合成界面活性剤、鉱物油といった石油系成分・肌トラブルの原因になる成分は含まれていません。

そのため、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

比較結果まとめ

ノワーレとニベアを比較した場合、ちょっと土俵違い?って気もしました。

ニベアでも妊娠線を予防することは可能です。
しかし、ノワーレのような妊娠線の専用クリームには敵いません。

真剣に妊娠線を防ぎたいのであれば、ノワーレを使うべきでしょう。